• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

肝細胞癌に対して肝移植が適切か判断する基準の一つ。腫瘍 (しゅよう) が単発で直径5センチ以下、または3個以内で直径3センチ以下の場合、肝移植が適当としている。

[補説]1996年にイタリアのミラノ国立癌研究所の研究チームが48例の脳死肝移植の結果をもとに発表。日本では平成16年(2004)から保険適用の基準として用いられ、生体肝移植にも適用されている。