• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

紀元前2世紀後半に西北インドを支配したギリシャ人の王ミリンダ(Milinda。メナンドロスとも)と、仏教の論師ナーガセーナとの仏教の教理についての問答や、王が教えに帰依した始終を対話形式で述べた書。紀元1世紀前半までに成立。那先比丘経 (なせんびくきょう) 。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉