• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

光の波長と同程度の大きさの微粒子による光の散乱。雲や湯気が白く見えるのは、それらを構成する微細な氷晶または水滴の大きさが、可視光線の波長と同程度なため、可視光全体が等しく散乱されることによる。ドイツの物理学者グスタフ=ミーが発見。→レイリー散乱

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉