• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

数キロメートルから2000キロメートル程度のスケールの気象現象を扱う気象学の一分野。局地的な気象予報に必要な、激しい時間変化を伴う台風竜巻雷雨集中豪雨などを対象とする。メソスケール気象学。→総観気象学