• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

建築や都市は、生物と同じように代謝(メタボリズム)を繰り返して成長する有機体であり、時代や用途の変化に応じて設計すべきであるという考え方。1960年代に菊竹清訓黒川紀章らが展開した建築運動の理論。