ブルガリア南西部の町。ピリン山脈南西端、サンダンスキの南約20キロメートルに位置する。オスマン帝国時代の浴場跡や19世紀の民族復興期の邸宅、浸食により奇観を呈する砂岩の崖のほか、近郊には中世の面影を残すロージェン修道院がある。ワインの産地としても知られている。

[地理/外国地名/東ヨーロッパ]カテゴリの言葉