• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

天保8年(1837)日本人漂流民7名を伴い、通商を求めて来航した米国の商船モリソン(Morrison)号を、幕府が異国船打払令に基づいて砲撃し、退去させた事件。幕府のこの強硬策の危険性を渡辺崋山高野長英らは批判・警告し、蛮社の獄による弾圧を招いた。