• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

モルヒネによる麻薬中毒。一時的な大量使用では悪心 (おしん) ・嘔吐 (おうと) 、さらには昏睡 (こんすい) 状態に陥り、呼吸中枢の麻痺 (まひ) を起こして死に至る。少量の連用からしだいに増量して慢性中毒となり、不安・不眠・幻覚や手足の震えなどがみられ、摂取を中止すると禁断現象を起こす。