• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ケニア南部、インド洋に面する港湾都市。海岸州の州都。ウガンダに至る内陸への鉄道の基点で、国際空港もある。小島モンバサ島と大陸本土にまたがり、橋および堤防で結ばれる。紀元1世紀頃、アラブ人、ペルシア人が港を築き、11世紀にはインド洋交易の主要拠点として知られた。アラブ人とポルトガル人の間で領有が争われたのち、英国の支配下に入った。同国第二の都市に発展し、コーヒー・サイザル麻・綿花・石油などを輸出。

[地理/外国地名/中央・西アジア・アフリカ]カテゴリの言葉