• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

炸薬が爆発するとき、超高速の液体金属の噴流が生成され、穿孔力が特定の方向に集中する現象。炸薬に円錐状のくぼみをつけて、円錐の頂点にあたる部分から起爆すると、くぼみの内部で衝撃波が反射し、爆発力が円錐の底面方向に集中する(モンロー効果)。このくぼみに金属の内張りを付けると、爆発の衝撃で液体化した金属が超高速で噴出し、穿孔力が高まる(ノイマン効果)。成形炸薬などに応用される。モンロー効果は、米国の化学者チャールズ=エドワード=モンローが1888年頃、ノイマン効果は、ドイツの科学者エゴン=ノイマンが1910年に発見した。