• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 火薬による力学現象の一つ。漏斗状のくぼみをつけた火薬で、その頂点から起爆させると、くぼみの内側で衝撃波が反射し、爆発力が開口部に集中する。1888年に米国の化学者チャールズ=エドワード=モンロー(C.E. Munroe)が発見した。→ノイマン効果モンロー・ノイマン効果

  1. 高層ビル街の路上で、スカートがまくれ上がるように風が吹き上がる現象。マリリン=モンローが映画「七年目の浮気」の中で見せた、地下鉄の換気口でスカートを押さえる場面から。モンローエフェクト。モンロー現象。