• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Younger Dryas event最終氷期が終わり、温暖だった最初の亜間氷期後に続いた亜氷期更新世末期、約1万2900年前から約1300年間にわたって続いた。名称は、冷温帯・高山帯に分布するチョウノスケソウの学名に由来。その原因として、北アメリカにあった巨大なアガシー湖が決壊し、北極海に注ぐことで熱塩循環を妨げたという説と、彗星が衝突したという説がある。ヤンガードライアス期。新ドリアス期。

[地学/地球・自然]カテゴリの言葉