• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Château d'Ussé》フランス中西部、アンドレ‐エ‐ロアール県の村レニユッセにある城。ロアール川と支流アンドレ川の分岐点近くに位置する。11世紀の要塞が15世紀から16世紀にかけて増改築され、ゴシックルネサンスなどの建築様式が見られる。シャルル=ペローの童話「眠れる森の美女」のモデルともなった。ロアール渓谷流域の古城の一つで、2000年、「シュリーシュルロアールとシャロンヌ間のロアール渓谷」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。