• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

1950~60年代に米国で大量生産された各種ムード音楽、イージーリスニングミュージック、映画音楽、シンセサイザーやエレクトーンによる宇宙的イメージの音楽などを、再評価していう呼び方。作曲家や演奏者が自己主張をしない「匿名性」に魅力を感じたり、時代を隔てたことから生じるイメージのギャップを楽しんだりするファンたちが命名した。

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉