• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

溶媒に不揮発性の溶質を溶解したときの蒸気圧降下の大きさは、溶質のモル分率に比例するという法則。溶媒、溶液の蒸気圧をp0およびp、溶質のモル分率をχとすると、p0-p=p0χで表される。19世紀フランスの化学者ラウールが発見。一般に、十分希薄な溶液の場合に成り立ち、この法則に従う溶液は理想溶液とよばれる。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉