• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
Laokoōnギリシャ神話で、トロイアのアポロン神殿の祭司。トロイア戦争の末期に、ギリシャの兵士が体内に潜む巨大な木馬を怪しみ、これを城内に引き入れることに反対した。このため女神アテナの怒りに触れ、二人の息子もろとも大蛇に絞め殺された。その臨終を扱ったバチカン美術館蔵の大理石群像はヘレニズム期の代表的彫刻。
《原題、(ドイツ)Laokoonレッシングの著作。1766年刊。副題「絵画と詩の境界について」。ギリシャ彫刻のラオコーン群像を題材に、造形美術と文学との差異を論じた美学論文。