• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

タイの首都バンコクの中心部にある柱。新しく町をつくる際に基準となる柱を建てて町の発展を祈るという、バラモン教の教えに基づく。1782年、ラーマ1世により建てられ、ラーマ4世が現在の柱に建て替えた。毎日、多くの参詣者が訪れる。