[名](スル)《ラッセル車の発明者の名から》
  1. ラッセル車」の略。

  1. 登山で、深雪をかき分け、雪を踏み固めて道を作りながら進むこと。「交替でラッセルしながら登る」

(ドイツ)Rasselgeräuschから》⇒ラッセル音

ニュージーランド北島北部、ノースランド半島東岸、ベイオブアイランズの町。19世紀初頭に捕鯨基地が置かれ、同国で最初にヨーロッパ人が定住した地として知られる。かつて近郊のオキアトがラッセルという名を冠する首府だったが、火災を機に同地にその名が移された。同国に現存する最古の教会であるクライスト教会をはじめ、歴史的建造物が多く残っている。

出典:青空文庫

出典:gooニュース