• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

サイパン島北部、マッピ山北側の断崖。太平洋戦争中の昭和19年(1944)、米軍の降伏勧告に応じなかった日本兵や民間人が自決した地として知られ、スーサイドクリフ(自殺の崖)ともよばれる。現在は平和記念公園として整備され、観音像と十字架がある。