《「ラピス」はラテン語で石、「ラズリ」はペルシア語で青の意》藍青 (らんせい) 色を呈し、飾り石として古代から用いられる鉱物。数種の鉱物の混合物で、黄鉄鉱が混じっており、磨くと濃い青地に金色の斑点が輝くので、青金石ともいう。主産地はアフガニスタン。瑠璃 (るり) 。ラズライト。

[地学/地学の言葉]カテゴリの言葉