Rīgas Pils》ラトビアの首都リガの旧市街にある城。13世紀末より、リボニア騎士団とリガ市民の間で抗争が続けられる中で何度も破壊と建設が繰り返された。以降、ポーランド、スウェーデン、帝政ロシアの支配を経て、第一次大戦後のラトビア独立に際して大統領官邸になった。現在は官邸を除いた一部がラトビア歴史博物館、海外美術館として使われている。リーガ城。