• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

アフリカ北西部、モーリタニアの中央部にある巨大な環状の地質構造。直径約50キロメートル。同心円状に高さ約100メートルほどの環状の山が重なる。カンブリア紀に形成された岩盤が隆起し、風化や浸食を受けて形成されたと考えられている。

[地学/地学の言葉]カテゴリの言葉