• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

社会が工業化する過程で、農村部から都市部へ低賃金の余剰労働力が供給されるが、工業化の進展に伴い、やがて余剰が解消され、農業労働力が不足に転じること。転換点を超えると、賃金の上昇や労働力不足により経済成長が鈍化する。英国の経済学者アーサー=ルイスが提唱した概念。