Zamek w Lublinie》ポーランド東部の都市ルブリンの旧市街にある城。14世紀、ポーランド王カジミェシュ3世の時代にゴシック様式で建造。1569年にポーランドとリトアニアの間で成立した同君連合(ルブリン合同)の調印が行われた。第二次大戦中、ナチス‐ドイツにより政治犯を収容する牢獄として使われた。現在、城内は17世紀から19世紀にかけてのポーランド絵画、家具、調度品を展示する博物館になっている。