• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

正三角形の各頂点を中心に、残る二つの頂点を一辺の長さと同じ半径の円弧で結んで描ける図形。正三角形の各辺を外側にふくらませたような形状をしている。円と同じく、転がしたときに幅が一定となる定幅図形として知られる。正三角形以外に奇数の正多角形の各辺をふくらませた場合は、ルーローの多角形という。ドイツの工学者フランツ=ルーローが考案。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉