• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

von Recklinghausen's disease母斑 (ぼはん) 症の一種で、外胚葉系の発生異常。全身の皮膚および末梢 (まっしょう) 神経系に多発する神経線維腫 (しゅ) と、淡褐色の母斑(カフェオレ斑)を特徴とする。ドイツの病理学者F=レックリングハウゼンの名にちなむ。神経線維腫症Ⅰ型。