• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

絶滅するおそれのある野生生物の種の一覧。生物学的観点から絶滅の危険度を評価し、すでに絶滅したと考えられる種や絶滅の危機にある種を「絶滅」「野生絶滅」「絶滅危惧」「準絶滅危惧」などのカテゴリーに分類して記載している。また、レッドリストに掲載された種について、生態・分布・生息状況などの詳細な情報を掲載したレッドデータブックも作成される。


[補説]IUCN(国際自然保護連合)が作成する世界規模のレッドリスト(正式名称は「IUCN絶滅のおそれのある生物種のレッドリスト:IUCN Red List of Threatened Species」)をもとに、世界各国・地域で独自のリストが作成・公表されている。日本では環境省や各都道府県および日本哺乳類学会などの学術団体がそれぞれ独自のレッドリストを作成している。

レッドリストのカテゴリー
IUCN 2001年版
絶滅(EX)
野生絶滅(EW)
絶滅危惧ⅠA類(CR)
絶滅危惧ⅠB類(EN)
絶滅危惧Ⅱ類(VU)
準絶滅危惧(NT)
軽度懸念(LC)
情報不足(DD)

環境省 平成19年(2007)版
絶滅(EX)(旧・絶滅種
野生絶滅(EW) 
絶滅危惧Ⅰ類(CR+EN)(旧・絶滅危惧種
 絶滅危惧ⅠA類(CR) 
 絶滅危惧ⅠB類(EN) 
絶滅危惧Ⅱ類(VU)(旧・危急種
準絶滅危惧(NT)(旧・希少種
情報不足(DD) 
絶滅のおそれのある地域個体群(LP)(旧・地域個体群)