ギリシャ西部、イオニア諸島のレフカダ島の町。同島北東部に位置する行政上の中心地。14世紀から17世紀まで防衛拠点として使われたサンタマウラ要塞やベネチア共和国時代に建てられた教会が残る。また、小泉八雲の名で知られる文学者ラフカディオ=ハーンの生家や記念碑がある。レウカス。レフカス。イタリア語名サンタマウラ。