• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

フランス南東部、アルプ‐マリチーム県、モナコとマントンの中間に位置する町。中世、異教徒からの攻撃を防ぐために、急峻 (きゅうしゅん) な岩山や丘の上に城壁をめぐらして築いた「鷲 (わし) の巣村」の一。15世紀にキリストの受難劇を演じることで当時大流行したペストの被害を免れたという伝承があり、毎年夏に受難劇が催される。

[地理/外国地名/西ヨーロッパ]カテゴリの言葉