• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

火星探査計画エクソマーズの一環で、2022年に打ち上げ予定のローバーESA(欧州宇宙機関)が開発。ロシアのロスコスモスによる着陸機カザチョフとともに、2023年に火星の赤道近くにあるオクシア平原に着陸の予定。地下2メートルまで穴を掘り、土壌分析を行う。DNAの二重らせん構造の発見に寄与した、英国の化学者・結晶学者の名を冠する。

[地学/宇宙・天文]カテゴリの言葉