• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

食変光星伴星系外惑星が公転により主星を横切る際、スペクトルが変化する現象。主星が自転している場合、視線方向への光はドップラー効果によってスペクトルが偏移しているが、伴星や惑星が恒星面の辺縁を横切ると、一時的にそのドップラー偏移を受けた光を遮ってしまう。この変化を観測することで、主星の自転や伴星の公転軌道についての情報が得られる。ロシターマクローリン効果。