エジプト北部、ナイル川河口のデルタ地帯にある都市。エジプト名ラシード。アレクサンドリアの東約65キロメートルに位置する。16世紀から19世紀にかけてエジプト最大の港として栄えた。18世紀末にロゼッタ石が発見され、古代エジプトのヒエログリフが解読できるようになった。オスマン帝国時代の商人の邸宅が多く残っている。
2004年3月にESA(欧州宇宙機関)が打ち上げた彗星探査機。本体と、彗星への着陸機フィラエで構成される。2014年11月にチュリュモフゲラシメンコ彗星にフィラエを投下。彗星表面の着陸に世界で初めて成功した。

[地理/外国地名/中央・西アジア・アフリカ]カテゴリの言葉

[地学/宇宙・天文]カテゴリの言葉