• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ロシア連邦北西部、レニングラード州の都市。旧称オラニエンバウム。サンクトペテルブルグの西約40キロメートル、フィンランド湾南岸に位置し、沖合にコトリン島が浮かぶ。18世紀初めにピョートル1世から土地を与えられた重臣アレクサンドル=メンシコフが植物園が付属する宮殿を建築。その後、皇太子ピョートル(後のピョートル3世)やエカチェリーナ2世の離宮となった。1948年に科学者ミハイル=ロモノーソフにちなみ、現名称に改称。作曲家イーゴリ=ストラビンスキーの生地。ロモノソフ。