グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(イギリス)の首都。イングランド南東部に位置し、テムズ川下流の両岸にまたがる。中心部のシティーには銀行・取引所などがあり、世界経済の一大中心。これを取り巻いて繁華街のウエストエンド、政治の中心のウエストミンスターなどからなるインナーロンドンが都心部をなし、さらにアウターロンドン地域まで含めて大ロンドンとよぶ。11世紀の征服王ウィリアム1世以来の首都。セントポール寺院バッキンガム宮殿ウエストミンスター寺院・国会議事堂・ロンドン塔など歴史的建造物が多い。人口、行政区828万(2001)。
[補説]「倫敦」とも書く。曲名別項。→ロンドン
カナダ、オンタリオ州南東部の都市。トロントの南西約165キロメートルに位置する。英国植民地時代の19世紀に英国のロンドンにちなんで名付けられ、テムズ川ハイドパークなど、同じ地名が残る。緑豊かで公園が多く、「森の街」と称される。周辺に農地が広がり、農産物の集散地でもある。ウエスタンオンタリオ大学が所在。

ハイドンの交響曲第104番ニ長調の通称。1795年作曲。全4楽章。ロンドン交響曲の一。ハイドンが作曲した最後の交響曲であり、古典派交響曲の代表作として知られる。

出典:gooニュース

出典:青空文庫