• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

住んでいる国や地域などによって、ワクチンの接種に格差があること。また、その格差。

[補説]日本では、他の先進諸国と比べて公的接種の行われるワクチンの種類が少ないとされていたが、平成25年(2013)にHib (ヒブ) 肺炎球菌(小児)・HPV、平成26年(2014)に肺炎球菌(成人)・水痘、平成28年(2016)にB型肝炎のワクチンが定期接種の対象となり、ギャップは解消されつつある。

[医学/医学の言葉]カテゴリの言葉