• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

カンボジア西部の都市バタンバンの郊外にある、ヒンズー教寺院の遺跡。市街中心部の北約10キロメートルに位置する。11世紀前半、スールヤバルマン1世により建立。環濠 (かんごう) と回廊に囲まれ、中央の祠堂にヒンズー教の天地創造神話である「乳海攪拌 (にゅうかいかくはん) 」を描いた浮き彫りが残っている。新たに建立された仏教寺院と大仏が隣接する。