• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ラオスの首都ビエンチャンにある仏教寺院。ランサン王朝第18代王セーターティラートによる建立とされる。創建時に若い妊婦が人身御供となったという伝説があり、女性参拝者が多く訪れる。タイの侵攻により破壊され、のちに現在見られる建物が再建された。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉