• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
タイ中北部の都市スコータイ近郊の、スコータイ歴史公園にある仏教寺院。城壁の東側に位置する。14世紀後半に建立されたスリランカ様式の釣鐘型の仏塔があり、下段に32頭の象の漆喰像が並ぶ。ワットチャーンローム。
タイ中北部の都市スコータイ近郊の、シーサッチャナライ歴史公園にある仏教寺院。城壁内の中心に位置する。13世紀、スコータイ朝第3代王ラームカムヘーンにより建立。方形の台座の上にスリランカ様式の釣鐘型の仏塔があり、下段に合計39頭の象の漆喰像が並んでいるが、大部分は基部の煉瓦 (れんが) がむき出しになっている。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉