• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ラオス北部の古都ルアンパバンにある仏教寺院。16世紀初め、ランサン王朝のビスンナラート王により建立。建造当初は木造だったが、19世紀末に焼失し、その後、コンクリート造りで再建された。仏塔の頂部がスイカに似ているため、ワットマークモー(スイカ寺)、またはタートマークモー(スイカの仏塔)とよばれる。ワットウィスンナラート。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉