• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
タイ中北部の都市ピサヌロークにある仏教寺院。14世紀半ばに建立。アユタヤ朝時代の本堂にはチンナラート仏とよばれる美しい黄金の仏像が安置されている。螺鈿 (らでん) 細工が施された扉をもつ本堂や、高さ36メートルのクメール様式の仏塔がある。ワットヤイ。
タイ中部の町ロッブリーにある仏教寺院。12世紀、クメール朝時代に創建。17世紀、アユタヤ朝のナーラーイ王によりヨーロッパのゴシック様式を取り入れた礼拝堂が建てられるなど、増改築が繰り返されたため、さまざまな建築様式が混在する。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉