• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ラオス南部にある遺跡。チャンパーサックの南西郊に位置する。クメール文化の盛期に建てられたヒンズー教寺院をはじめ、3世紀から13世紀頃の宮殿や集落跡などがある。クメール人によるヒンズー教の神々の浮き彫りや、ランサン王朝時代の仏像などが残っている。2001年に「チャンパーサック県の文化的景観にあるワットプーと関連古代遺産群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉