• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Temple of Wadi el-Sebua》エジプト南部、ナイル川上流西岸にある岩窟 (がんくつ) 神殿の遺跡。アスワンの南約140キロメートルに位置する。古代エジプト新王国第19王朝のラムセス2世により建造。もとはアモンラーを祭っていたが、古代ローマ時代に教会として利用された。名称は「獅子の谷」を意味し、神殿の参道と中庭に並ぶスフィンクス像に由来する。アスワンハイダム建設に伴う水没を避けるため、本来の場所から北西約4キロメートルの同地に移築。1979年「アブシンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群」の一部として、世界遺産(文化遺産)に登録された。

[世界史/南アジア・西アジア・アフリカ史]カテゴリの言葉