• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

アラビア半島南部にある涸 (か) れ谷。サラーラと首都マスカットを結ぶ幹線道路沿いの町スムライトの南に位置する。谷筋に乳香の木が自生し、紀元前3000年頃から重要な産地として知られた。アルバリードホールルーリシスルなど、乳香交易で栄えた古代都市の遺跡とともに、2000年に「乳香の土地」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。現在はワディダウカ乳香公園として公開されている。

[地理/外国地名/中央・西アジア・アフリカ]カテゴリの言葉