• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

額に目が一つしかない妖怪。関東・東北地方では事八日 (ことようか) の夜に来るといって、目の多いかごを門口に高く立てて追い払う行事をする。目一つ小僧。大眼 (だいまなこ) 。