一つの事しか覚えていなくて、何かにつけそれを言うこと。「―の決まり文句」

出典:青空文庫