• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

一番目に記載されること。戦場で一番首を取ったことを記録する首帳 (くびちょう) や奉加帳などに第一に書き記すこと。筆頭。第一。

「不覚とも高名とも沙汰の限りとて、―にぞ付けられける」〈義経記・四〉