• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

さいころの一と六とが裏表であるように、生きていくうちには、よいこともあれば悪いこともあり、それが循環するものだ。