• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 一つの事を二通りに見たり、言ったりすること。二枚舌。

    1. 「今はまたさういはぬとは、―なる事を」〈咄・醒睡笑・一〉

  1. 鎌倉幕府の訴訟上の用語。訴えの係属中に同じ訴人が同じ訴えを別に提起すること。幕府はこれを禁じた。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉