• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

一人当千の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

非常に大きな力や実力があること。きわめて勇気のあること。一人の力が千人の力にも匹敵する意から。▽「千」は「ぜん」とも読む。「一人いちにん、千せんに当たる」と訓読する。
句例
一人当千の武者
類語
一人当百いちにんとうひゃく 一騎当千いっきとうせん

一人当千の解説 - 学研 四字辞典熟語

非常に実力があること。また、力や勇気があること。
注記
一人の力が千人の力にも匹敵する意から。
類語
一騎当千いっきとうせん

一人当千の解説 - 小学館 大辞泉

《「いちにんとうぜん」とも》一人で多勢にあたるほどの力があること。一騎当千。

「聞えたる―の剛の者あり」〈義経記・三〉

[人物像を表す/英雄豪傑]カテゴリの四字熟語

キーワード[才能・実力・能力]の四字熟語

キーワード[人物]の四字熟語

キーワード[勇気]の四字熟語