センリョウ科の多年草。山野に生え、高さ20~30センチ。二対の葉が対生してつき輪生状に見える。早春、葉の間から1本の穂を出し、白い小花を穂状につける。花びらはなく、糸状の雄しべが目立つ。よしのしずか。まゆはきぐさ。 春》「花穂ひとつ―の名に白し/水巴

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[春/植物]の季語

出典:青空文庫